男子厨房に立つ日々です

妻は妊活中ですが、共働き時代からの延長で、私が厨房に立つ日が多くあります。周囲では、夫は料理せず、妻が料理するという話をよく耳にしますが、我が家はその逆です。妻は料理が下手で、私の場合は、不器用なりに、クックパッドという便利なサイトがある為、キッチンにサブノートパソコンを持ち込み、休日もしくは不足している時は、1週間分の料理を作りだめして、密封容器に入れた物を冷蔵庫に入れ、必要な物を温めて、必要な分を器に取り分けて食べています。

私が参考にしているサイトは、結構こった料理が多く、知らず知らずの間に調味料の数が増え、嫁から、計画的に買い物をするように注意される事がしばしばあります。ただ、私の中では、美味しい料理を作る為に必要な材料と割り切っている為、妻に説得して買い物している状況です。

そのこともあり、妻は、私が作った料理を「美味しい」と言って食べてくれます。その言葉を聞くと、私の苦労の甲斐もあったなと感じます。その分、厨房では真剣勝負。1~2時間で4~5品作る能力がある為、合間を見ながら次のレシピの準備に掛かっていますが、その分、忙しく、キッチンは対面キッチンではない他、熱源がガスコンロである事等から、キッチンスペースに熱がこもりやすく、夏場になると、妻に「キッチンにエアコン買え」と怒鳴りつける事もあります。

そのような状況ですが、予算の関係で、昨年の夏は、扇風機で暑さをしのぎました。それだけ、私が、美味しいものを食べたい、食べさせたいという思いから燃えているのでしょうね。燃えている時は、気分が無になり、職場でのストレスも飛んでいき、何もかも忘れて夢中になります。その事から、私にとって、料理は、日々の健康を考えながら美味しく食べ、楽しんで調理に取り組むものであるべきだなと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>